1. Top
  2. » マンション供給


マンション購入の前に!!
住宅ローン最低金利水準の住信SBIネット銀行の口座開設を前もってしておくことをオススメします!!


===========================================



===========================================

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

<超高層マンション>大阪ひびきの街に高さ190m

大阪厚生年金会館跡地に劇場とマンションが一体となった街区「大阪ひびきの街」(大阪市西区)を開発しているオリックス不動産などは23日、街区内の超高層マンション「ザ・サンクタスタワー」(地上53階地下1階)のモデルルームを報道陣に公開した。

» 続きを読む

スポンサーサイト

スカイツリー効果で周辺アップ 24年分路線価

5月に開業した東京スカイツリー(東京都墨田区)から徒歩約15分にある東武伊勢崎線曳舟(ひきふね)駅周辺。ツリーの眺望を売りにしたマンション建設ラッシュに沸く地域は、全国的にも数少ない路線価上昇地点。1平方メートルあたり48万円と前年比で2.1%上向いた。

» 続きを読む

首都圏マンション 震災による「内陸シフト」はまだ発生せず

3月11日の東日本大震災を契機に、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の新築・中古分譲マンション市場には、どのような変化が起きているのか。今回は、2011年5月末までのデータを基に、首都圏のマンション販売戸数・販売価格の動向、そしてマスコミで騒がれている「内陸シフト(マンション開発や購入者ニーズの湾岸エリアから内陸エリアへのシフト)」は本当に起きているのか、東京カンテイの市場調査部主任研究員の井出武氏が解説する。

» 続きを読む

暴落して急騰!?首都圏マンション「今は買い」か

東日本大震災によって停滞していた首都圏のマンション市況だが、ゴールデンウィーク頃から回復基調にある。

» 続きを読む

太陽光発電、マンション専有部で本格化

各住戸へ電気を供給できる「太陽光発電マンション」が、昨年あたりから本格的な普及を見せ始めている。

» 続きを読む

マンション購入意欲が改善 都心で耐・免震性PR奏功

首都圏でのマンション購入意欲が戻りつつある。長谷工アーベスト(東京都港区)が7日発表した5月の「顧客マインド調査」によれば、「マンションの購入検討中」から「検討中止」を差し引いた「購入検討状況指数」がプラス5となり、4月から2ポイント改善した。東日本大震災から2カ月が経過し、各社が自粛していた新規物件の販売を再開したことで「購入意欲の改善が確認された」という。実際、野村不動産が千葉・稲毛海岸で売り出した物件は、周辺が液状化被害にあったにもかかわらず、即日完売となるなど、震災前の“余熱”が続いている。

» 続きを読む

首都圏のマンション供給減少、営業自粛が影響

不動産経済研究所が発表したマンション市場調査によると、4月に首都圏で供給された新築分譲マンションは2336戸となり、前年同月(以下、前年)を27.3%下回った。

» 続きを読む

首都圏マンション発売が見通し下回る、震災による供給制約続く

民間の不動産経済研究所が14日に発表したマンション市場動向によると、3月の首都圏マンション発売戸数は前年同月と同水準の3685戸となったが、当初見通しの4200戸程度を大きく下回った。

» 続きを読む

マンション化率、6県で縮小、全国平均も拡大幅が鈍化

東京カンテイによると、マンションの普及度合いを示すマンション化率(総世帯数に占める分譲マンション戸数の割合)の2010年全国平均は、11.53%だった。
2009年から0.11ポイント拡大したものの、拡大幅は鈍化。
また、首都圏、中部圏、近畿圏の3圏域でも拡大したが、都道府県別では2000年の集計開始以来初めて縮小に転じる地域が発生した。

» 続きを読む

「フラット35S」金利1%優遇から1年経過、利用は前年比2.4倍に、着工後押し

住宅金融支援機構の住宅ローン「フラット35S」の金利優遇幅拡大から、2月15日で1年を迎える。
政府が経済対策の一環として実施した政策。
同機構からの融資により増加した住宅着工数が、昨年1年間に増加した全体の数字とほぼ重なる。

» 続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

無料プレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。