1. Top
  2. » 震災


マンション購入の前に!!
住宅ローン最低金利水準の住信SBIネット銀行の口座開設を前もってしておくことをオススメします!!


===========================================



===========================================

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

スカイツリー効果で周辺アップ 24年分路線価

5月に開業した東京スカイツリー(東京都墨田区)から徒歩約15分にある東武伊勢崎線曳舟(ひきふね)駅周辺。ツリーの眺望を売りにしたマンション建設ラッシュに沸く地域は、全国的にも数少ない路線価上昇地点。1平方メートルあたり48万円と前年比で2.1%上向いた。

» 続きを読む

スポンサーサイト

暴落して急騰!?首都圏マンション「今は買い」か

東日本大震災によって停滞していた首都圏のマンション市況だが、ゴールデンウィーク頃から回復基調にある。

» 続きを読む

変わるマンション選び 利便性よりも地盤…武蔵野台地に脚光

東日本大震災後、首都圏のマンション選びに“変化”が起きている。従来の利便性や周辺環境、設備ではなく、地盤の強固さや耐震設計、職場に近いなど災害時を想定した理由を重視。

» 続きを読む

首都圏のマンション供給減少、営業自粛が影響

不動産経済研究所が発表したマンション市場調査によると、4月に首都圏で供給された新築分譲マンションは2336戸となり、前年同月(以下、前年)を27.3%下回った。

» 続きを読む

マンション販売 首都圏落ち込む 震災で液状化、購入敬遠

不動産経済研究所が18日発表した4月の首都圏(東京都と千葉、神奈川、埼玉県)マンション販売戸数は、前年比27.3%減の2336戸と4月としては1992年以来19年ぶりの低水準に落ち込んだ。

» 続きを読む

マンション人気揺れず 首都圏堅調、供給遅れジレンマ

東日本大震災後の影響で激減が予想された首都圏マンション販売が落ち込んでいない。
4月は販売を自粛した影響で減少したが、大型連休から本格的な営業に乗り出した不動産各社のモデルルームへの来場者は軒並み前年並みと堅調で、野村不動産の都心物件は即日完売した。

» 続きを読む

都心マンション 発売延期相次ぐ

不動産経済研究所が14日発表した3月の首都圏(1都3県)の新規マンション発売戸数は、東日本大震災の影響で、都心では発売延期となった物件が多かったが、神奈川や千葉の供給増がカバーし、前年同月と同数の3685戸だった。

» 続きを読む

首都圏マンション発売が見通し下回る、震災による供給制約続く

民間の不動産経済研究所が14日に発表したマンション市場動向によると、3月の首都圏マンション発売戸数は前年同月と同水準の3685戸となったが、当初見通しの4200戸程度を大きく下回った。

» 続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

無料プレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。