1. Top
  2. » 首都圏


マンション購入の前に!!
住宅ローン最低金利水準の住信SBIネット銀行の口座開設を前もってしておくことをオススメします!!


===========================================



===========================================

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

「賃貸派」なぜ増えているのか 「持ち家」12年ぶりに8割切る

平成25年版「土地白書」で、「土地・建物は両方所有したい」と持ち家を希望する国民が79.8%と12年ぶりに8割を割りこんだ。

» 続きを読む

スポンサーサイト

スカイツリー効果で周辺アップ 24年分路線価

5月に開業した東京スカイツリー(東京都墨田区)から徒歩約15分にある東武伊勢崎線曳舟(ひきふね)駅周辺。ツリーの眺望を売りにしたマンション建設ラッシュに沸く地域は、全国的にも数少ない路線価上昇地点。1平方メートルあたり48万円と前年比で2.1%上向いた。

» 続きを読む

新築マンション、前年より買いにくく 都市圏集中で価格上昇

東京カンテイ(東京都品川区)はこのほど、マンションの買いやすさを表す指標「年収倍率」の2011年版を算出した。

» 続きを読む

全国の新築マンションの半数が首都圏に集中。東京23区はそのうち何割?

子育て・環境対応・耐震性・高齢者向けなど、特徴を打ち出した物件の建設が活発に。
不動産経済研究所によれば、2001年から06年までの全国マンション発売戸数は、15.5万戸から17万戸程度で安定的に推移してきた。

» 続きを読む

おしゃれな住宅、賃貸検索サイト ハプティック

ハプティック(東京都渋谷区)は、おしゃれな賃貸住宅を効率的に検索できるサイト「good room」を開設した。

» 続きを読む

ターゲットは新規購入者 三菱地・野村不、低価格マンション供給推進

三菱地所は来年以降、新たにマンションを購入する若い世代向けに、3000万円台から購入できる比較的低価格帯のマンション市場に本格参入する。

» 続きを読む

首都圏マンション 震災による「内陸シフト」はまだ発生せず

3月11日の東日本大震災を契機に、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の新築・中古分譲マンション市場には、どのような変化が起きているのか。今回は、2011年5月末までのデータを基に、首都圏のマンション販売戸数・販売価格の動向、そしてマスコミで騒がれている「内陸シフト(マンション開発や購入者ニーズの湾岸エリアから内陸エリアへのシフト)」は本当に起きているのか、東京カンテイの市場調査部主任研究員の井出武氏が解説する。

» 続きを読む

敷金・礼金額の低下傾向、鮮明に

賃貸住宅市場では、空室率の増加を背景に、敷金や礼金など入居一時金の減額傾向が強まっている。

» 続きを読む

暴落して急騰!?首都圏マンション「今は買い」か

東日本大震災によって停滞していた首都圏のマンション市況だが、ゴールデンウィーク頃から回復基調にある。

» 続きを読む

変わるマンション選び 利便性よりも地盤…武蔵野台地に脚光

東日本大震災後、首都圏のマンション選びに“変化”が起きている。従来の利便性や周辺環境、設備ではなく、地盤の強固さや耐震設計、職場に近いなど災害時を想定した理由を重視。

» 続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

無料プレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。