1. Top
  2. » 首都圏マンション


マンション購入の前に!!
住宅ローン最低金利水準の住信SBIネット銀行の口座開設を前もってしておくことをオススメします!!


===========================================



===========================================

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

三井不、都心の一等地・南麻布に定借権マンション 耐震・停電にも対応

三井不動産レジデンシャルは18日、都心の一等地ながら定期借地権付き物件で、割安感のある大規模マンション「パークホームズ南麻布ザレジデンス」(東京都港区)の第1期販売を21日に開始すると発表した。

» 続きを読む

スポンサーサイト

新築マンション、前年より買いにくく 都市圏集中で価格上昇

東京カンテイ(東京都品川区)はこのほど、マンションの買いやすさを表す指標「年収倍率」の2011年版を算出した。

» 続きを読む

ターゲットは新規購入者 三菱地・野村不、低価格マンション供給推進

三菱地所は来年以降、新たにマンションを購入する若い世代向けに、3000万円台から購入できる比較的低価格帯のマンション市場に本格参入する。

» 続きを読む

首都圏マンション 震災による「内陸シフト」はまだ発生せず

3月11日の東日本大震災を契機に、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の新築・中古分譲マンション市場には、どのような変化が起きているのか。今回は、2011年5月末までのデータを基に、首都圏のマンション販売戸数・販売価格の動向、そしてマスコミで騒がれている「内陸シフト(マンション開発や購入者ニーズの湾岸エリアから内陸エリアへのシフト)」は本当に起きているのか、東京カンテイの市場調査部主任研究員の井出武氏が解説する。

» 続きを読む

三菱地所 湾岸部でマンション販売、震災後初

三菱地所レジデンスと鹿島は30日、両社共同で開発を進める東京都中央区晴海二丁目の地上49階建ての超高層マンションを、来年1月下旬から販売すると発表した。

» 続きを読む

敷金・礼金額の低下傾向、鮮明に

賃貸住宅市場では、空室率の増加を背景に、敷金や礼金など入居一時金の減額傾向が強まっている。

» 続きを読む

暴落して急騰!?首都圏マンション「今は買い」か

東日本大震災によって停滞していた首都圏のマンション市況だが、ゴールデンウィーク頃から回復基調にある。

» 続きを読む

マンション購入意欲が改善 都心で耐・免震性PR奏功

首都圏でのマンション購入意欲が戻りつつある。長谷工アーベスト(東京都港区)が7日発表した5月の「顧客マインド調査」によれば、「マンションの購入検討中」から「検討中止」を差し引いた「購入検討状況指数」がプラス5となり、4月から2ポイント改善した。東日本大震災から2カ月が経過し、各社が自粛していた新規物件の販売を再開したことで「購入意欲の改善が確認された」という。実際、野村不動産が千葉・稲毛海岸で売り出した物件は、周辺が液状化被害にあったにもかかわらず、即日完売となるなど、震災前の“余熱”が続いている。

» 続きを読む

3月の首都圏マンション販売、都心で27%減 発売延期が影響

不動産経済研究所が14日発表した3月の首都圏(1都3県)の新規マンション発売戸数は、前年同月と同数の3685戸だった。

» 続きを読む

首都圏最大級分譲マンション、「ブリリア有明スカイタワー」竣工

東京建物 <8804> と東武鉄道 <9001> は、臨海副都心・有明地区に建設中の大規模分譲マンション「ブリリア有明スカイタワー」が今月下旬に竣工すると発表した。

» 続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

無料プレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。