1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » マンション購入
  4. » 野村不動産、首都圏マンション3物件が即日完売 震災後も人気


マンション購入の前に!!
住宅ローン最低金利水準の住信SBIネット銀行の口座開設を前もってしておくことをオススメします!!


===========================================



===========================================

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

野村不動産、首都圏マンション3物件が即日完売 震災後も人気

野村不動産は10日、4月末からの大型連休に売り出した首都圏の分譲マンション3物件がいずれも即日完売したと発表した。
東日本大震災の発生に伴って販売を自粛していたが、主要駅から徒歩5分圏内など立地の良さが評価され、いずれも「即完」につながったという。

即完したのは、東京都品川区の「プラウド大井ゼームス坂」(164戸)と、八王子市の「プラウド八王子」(48戸)、千葉県市川市の「プラウド本八幡」(61戸)。間取りは2LDK~4LDKで、販売価格は2930万~1億1280万円。

3物件のモデルルームには計4000組を超える来場があったという。震災後も首都圏マンション販売の堅調さが裏付けられた格好で、同社の折原隆夫取締役によると「契約ベースの落ち込みはない」という。 

民間調査会社の不動産経済研究所の調べでは、3月の首都圏(1都3県)のマンション発売戸数は前年同月と同じ3685戸となり、震災前に予測した4200戸を大きく下回った。

震災に伴う発売延期やモデルルームの一時閉鎖が響いたためだが、発売した月のうちに売れた割合を示す契約率は79・7%と、好調の目安とされる70%を上回るなど堅調さを維持。

野村不動産の折原取締役は「震災で一時的に購入を見送っていた30~40歳代が購入意欲を再び高めている」と分析している。

産経新聞 5月10日

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

無料プレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。