1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » マンション購入
  4. » 野村不動産、千葉・稲毛海岸でマンション発売、湾岸部の人気占う“試金石”に


マンション購入の前に!!
住宅ローン最低金利水準の住信SBIネット銀行の口座開設を前もってしておくことをオススメします!!


===========================================



===========================================

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

野村不動産、千葉・稲毛海岸でマンション発売、湾岸部の人気占う“試金石”に

野村不動産は26日、千葉市美浜区の稲毛海岸で総戸数555戸のマンションを28日から発売すると発表した。
東日本大震災の影響で、液状化現象が発生した東京湾湾岸の埋め立て地で、大型マンションが売り出されるのは震災後初めて。美浜区でも液状化の被害が一部地域で出ており、同マンションの売れ行きが、震災前に人気を集めていた湾岸エリアの販売動向を占う“試金石”となりそうだ。

野村が売り出すのは「プラウドシティ稲毛海岸レジデンス」。販売戸数は第1期分の222戸。JR京葉線「稲毛海岸」まで徒歩20分圏内に立地し、隣接地には保育施設や小学校がある。鉄筋14階建てで、全戸が南向き。平均専有面積は81平方メートルで、最多販売価格帯は2900万円台に設定した。

同マンションでは防災対策を充実させたのが特徴。エレベーターは地震の揺れを感知すると自動的に最寄り階で自動停止する仕組みを採用。また、敷地内の倉庫に非常食や飲料水、簡易トイレ、発電機を配備。ベンチは非常時に火をおこせるかまど型とした。

大震災に伴い、東京湾岸の埋め立て地では液状化現象が起こり、千葉県浦安市では建物の傾斜や断水、ガス供給停止の影響が出た。

産経新聞 5月26日

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

無料プレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。