1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 新築分譲マンション
  4. » マンション分譲各社、単身者や夫婦向けのコンパクト物件強化


マンション購入の前に!!
住宅ローン最低金利水準の住信SBIネット銀行の口座開設を前もってしておくことをオススメします!!


===========================================



===========================================

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

マンション分譲各社、単身者や夫婦向けのコンパクト物件強化

マンション分譲各社は、都心の好立地に位置する、単身者や夫婦世帯向けの「コンパクトマンション」事業を強化する。
新日鉄都市開発は18日、コンパクトマンションの新ブランド「リビオレゾン」を立ち上げ、今年11月から東京都豊島区南池袋など一気に5物件の販売を開始すると発表した。大京も新ブランド「ライオンズアイル」の販売を今年3月に開始するなど、各社が新規需要の開拓を図る。

新日鉄都市開発は、従来、都心を中心に17物件のコンパクトマンションを提供してきた実績を持つ。主に単身者向けの物件が多かったが、今回の新ブランドでは、郊外物件よりは狭い間取りでも、夫婦2人世帯やファミリー世帯でも快適に暮らせる部屋を用意するなど、他社との差別化を図る。

大京は「ライオンズアイル」ブランドで広さが30平方メートル程度の物件を、主に単身女性向けに赤坂と渋谷区松濤の好立地に展開しており、これを拡大していく計画。2008年から「パークリュクス」ブランドでコンパクトマンションを提供する三井不動産レジデンシャルは、2011年度だけで6物件の供給を予定する。

各社とも主力物件は40平方メートル程度だが、都心の好立地で3000万~4000万円程度という価格帯が受け、女性の単身者などの購入が増えているという。

フジサンケイ ビジネスアイ 10月19日


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

無料プレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。