1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 新築分譲マンション
  4. » 昨年のマンション発売、首都圏は0.1%減 近畿は6.9%減


マンション購入の前に!!
住宅ローン最低金利水準の住信SBIネット銀行の口座開設を前もってしておくことをオススメします!!


===========================================



===========================================

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

昨年のマンション発売、首都圏は0.1%減 近畿は6.9%減

民間調査会社の不動産経済研究所が19日発表した2011年の首都圏(1都3県)のマンション市場動向によると、新築マンションの年間発売戸数は前年比0.1%減の4万4494戸となった。東京都下が23.6%増と好調だった一方で、千葉県は29.6%減と低迷した。

千葉県は着工戸数でも減少が続いており、回復には時間がかかる見通し。

1戸当たりの平均価格は2年ぶりに下落し、2.9%減の4578万円となった。千葉県以外の全エリアで値下がりした。なかでも東京都下の下落率が最も大きく、7.2%減の4152万円だった。販売在庫数は3年ぶりの増加に転じ、昨年12月末で6165戸と前年末から565戸の増加。

11年に発売された億ションは30.9%減の623戸。過去最多を記録した1990年(3079戸)の2割程度まで落ち込んでいる。最高額は「パークコート赤坂ザ・タワー」(東京都港区)の5億6000万円だった。

一方、近畿圏の11年の年間発売戸数は6.9%減の2万219戸。平均価格は1.1%増の3490万円だった。 

産経新聞 1月19日

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

無料プレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。