1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » マンション購入
  4. » マンション会社、ユーザーの声生かす活動を強化


マンション購入の前に!!
住宅ローン最低金利水準の住信SBIネット銀行の口座開設を前もってしておくことをオススメします!!


===========================================



===========================================

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

マンション会社、ユーザーの声生かす活動を強化

三井不動産レジデンシャルはこのほど、エンドユーザーや有識者らの声を反映した住まいづくりの取り組み「MOC(三井オープンコミュニケーション)」を強化すると発表した。
これまでに累計約3万件以上の購入者アンケート、100回を超える座談会や300世帯以上の戸別訪問などで「声」を収集し、「ワイド洗面室」「ワイドバルコニー」「ファミリーアルコーブ」などを商品化。更にこの2月からは、オリジナルのキッチン、内装カラーテイスト・室内ドアを、首都圏で同社が分譲する「パークホームズ」を中心に導入する。

また、SNSサイト「Blabo! 」を活用したコミュニケーション活動と、それを通じた商品開発の取り組みについても始めている。

大京は、「ライオンズリビングラボ」の名称で、エンドユーザーの声を基にした商品開発を展開。この活動を通じて商品化されたキッチン、洗面化粧台などは、同社が供給するすべての新築マンション(単独事業)に導入している。

1月17日には、埼玉・ふじみ野で分譲中の「ライオンズふじみ野マークレジデンス」モデルルームの一角で、ユーザー6人を招いた座談会を開催した。今後、同社が開発を検討している「キッチンの分別置き場プラン」「可変性のある洋室収納」などについて意見交換が行われた。

今回の座談会には、あえて同社が分譲したマンション以外に居住するユーザーに集まってもらった。「厳しい意見を頂戴するため」(商品企画部リビングラボ課)だという。参加者からは、「大京がこのような取り組みをしているとは知らなかった。とても良いことだと思う」といった声が聞かれた。

住宅新報社 2012年1月31日

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

無料プレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。