1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » マンション購入
  4. » 全国都市・住みよさランキング2012年版 - 総合1位は印西(千葉)


マンション購入の前に!!
住宅ローン最低金利水準の住信SBIネット銀行の口座開設を前もってしておくことをオススメします!!


===========================================



===========================================

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

全国都市・住みよさランキング2012年版 - 総合1位は印西(千葉)

東洋経済では、全国の市を対象に「住みよさランキング」を毎年公表しているが、このほど最新結果がまとまった。
「住みよさランキング」は、公的統計を基に、それぞれの市が持つ“都市力”を、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つの観点に分類し、採用14指標について、それぞれ平均値を50とする偏差値を算出、その単純平均を総合評価としてランキングしたもの。今回の対象は、12年6月18日現在の788都市(全国787市と東京区部全体)で、今回が19回目となる(昨年11年は、東日本大震災により非公表)。

今年の「住みよさランキング」総合評価1位は千葉県印西市、2位が石川県野々市市、3位が福井県坂井市となった。

1位の千葉県印西市は、前回10年ランキングでは5位だったが、今回首位の座に輝いた。

1996年3月に市制施行して誕生した比較的新しい市で、10年3月に印旛村、本埜村と合併し現在の市域となった。人口の半数以上が千葉ニュータウン区域に在住する典型的なベッドタウンであり、80年代半ばからの北総線延伸とともに千葉ニュータウン区域が拡大、今もなお人口流入が続いており、「快適度」では9位と全国トップクラスにある。

人口増加と幹線道路などの整備に伴い大型商業施設が相次いで開業していることから、「利便度」でも3位と高評価となっている。なお、印西市は東京区部の20%通勤圏であり、補正(*)の対象となる「人口当たり小売業年間商品販売額」の指標において、東京区部の数値を採用している。

また、大型商業施設のほか、地盤の堅さから金融機関の事務センターも多数立地しており、人口当たりの税収も高く、「富裕度」でも60位、市域が従来からの農村部と郊外の新興ニュータウンで構成されることから持ち家比率も都心近郊の都市としては高水準で、「住居水準充実度」も86位と上位にある。

ただ、印西市を含む千葉県北西部周辺は人口当たりの病床数、高齢者人口当たりの介護施設定員では全国平均以下という水準であり、ドクターヘリを日本で

初めて常駐させた日本医科大学千葉北総病院が立地しているものの、「安心度」では683位と下位に位置している。

2位の野々市市(石川)は、昨年11月11日に旧野々市町が単独で市制施行して誕生した市で、今回のランキングから評価の対象に加わった。

野々市市は金沢市のベッドタウンとして都市化が進み、人口は引き続き増加傾向が続いている。市制施行前の10年国勢調査では人口5万1885人と、全国の町村としては3番目に人口が多かった町である。平均年齢39.7歳と人口構成は若く、市内に石川県立大学、金沢工業大学があることもあり、20歳代(特に男性)の比率が飛び抜けて高い。
 
また幹線道路沿いには大型商業施設も多数立ち並んでおり、「利便度」では全国1位、「快適度」は13位。一方で、金沢市の近郊という至便さから介護施設等も充実、高齢者人口の比率の低さもあり「安心度」でも5位と、3部門で全国トップクラスの評価となったことが寄与した。ただ、学生はじめ若年層世帯が多いため、持ち家世帯比率は低く「住居水準充実度」では752位と最下位レベルにある。

なお、野々市市は金沢市の20%通勤圏だが、補正の対象となる4指標は、いずれも金沢市の数値を上回っており、補正は行っていない。

3位の坂井市(福井)は10年の12位から順位を上げた。

坂井市は福井市の20%通勤圏であり、対象の4指標すべてで補正を行った。補正に使用した福井市の指標が全国的に見て高い水準にあることから、その効果も手伝い、「安心度」で75位、「利便度」で79位と、かなり高い評価となっている。「住居水準充実度」で前回33位から今回13位と順位を上げたこともランクアップに寄与した。それ以外でも、「快適度」が201位、「富裕度」が379位であり、極端に下位に位置する部門がないことも高い総合評価につながっていると考えられる。

なお、12年1月4日に市制施行し、野々市市と同じく今回初めて対象となった長久手市(愛知)も初登場7位と上位にランクした。名古屋市のベッドタウンとして人口の増加、都市化の進展で人口5万人を超える町からの単独市制施行により誕生。愛知県立大学、愛知医科大学などがある学園都市でもあり、平均年齢では37.7歳と全国自治体中最も若く、20歳代の人口が突出している点も野々市市と似ている。

また、10年に1位だったみよし市(愛知)は8位へ、2位の日進市(愛知)は9位へ、3位の成田市(千葉)は10位へ、それぞれ順位を下げた。3市ともに、介護施設定員や出生数で数値が低下し、「安心度」の順位を大きく下げたことが最大の要因だ(みよし市:27位→160位、日進市:67位→282位、成田市:124位→259位)。
さらに、みよし市と成田市は、転入・転出人口比率の水準の低下により「快適度」の順位が後退したことも響いた(みよし市:59位→134位、成田市:36位→62位)。

東洋経済オンライン 7月2日



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

無料プレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。