1. Top
  2. » マンション購入


マンション購入の前に!!
住宅ローン最低金利水準の住信SBIネット銀行の口座開設を前もってしておくことをオススメします!!


===========================================



===========================================

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

広がるセミオーダーマンション 水回りの位置も自由に

住友不動産はこのほど、マンションのセミオーダー化を図った商品企画「カスタムオーダーマンション」を開発した。今後、東京23区の物件および首都圏の大規模物件への採用を計画しており、同社が首都圏で年間供給する3000戸程度のマンションうち、1000~2000戸に導入したい考えだ。

» 続きを読む

おしゃれな住宅、賃貸検索サイト ハプティック

ハプティック(東京都渋谷区)は、おしゃれな賃貸住宅を効率的に検索できるサイト「good room」を開設した。

» 続きを読む

マンション会社、ユーザーの声生かす活動を強化

三井不動産レジデンシャルはこのほど、エンドユーザーや有識者らの声を反映した住まいづくりの取り組み「MOC(三井オープンコミュニケーション)」を強化すると発表した。

» 続きを読む

コンパクトマンション、需要顕在

単にグロス面積を圧縮した商品ではなく、「シングル・DINKS向け」と明確にターゲットを絞ったコンパクトマンションの供給が活発になったのは、2000年前後から。
ダイナシティといった新興企業や中堅クラスのディベロッパーが、デザイン性も重視したプランを送り出し、主なターゲット層である単身女性に訴求。
それまでほとんど見られなかった「女性向け住宅ローン」を金融機関が拡充したことも追い風となり、市場は一気に拡大した。

» 続きを読む

首都圏マンション 震災による「内陸シフト」はまだ発生せず

3月11日の東日本大震災を契機に、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の新築・中古分譲マンション市場には、どのような変化が起きているのか。今回は、2011年5月末までのデータを基に、首都圏のマンション販売戸数・販売価格の動向、そしてマスコミで騒がれている「内陸シフト(マンション開発や購入者ニーズの湾岸エリアから内陸エリアへのシフト)」は本当に起きているのか、東京カンテイの市場調査部主任研究員の井出武氏が解説する。

» 続きを読む

「創エネ」マンションが進化

分譲マンションの世界では、戸別太陽光発電の開発が着々と進む。現時点では全国レベルで10棟に満たないが、需給双方の関心度の高さを見れば今後の普及は確実といえるだろう。

» 続きを読む

三菱地所 湾岸部でマンション販売、震災後初

三菱地所レジデンスと鹿島は30日、両社共同で開発を進める東京都中央区晴海二丁目の地上49階建ての超高層マンションを、来年1月下旬から販売すると発表した。

» 続きを読む

マンション大手、郊外進出

マンション業界では通常、「都心部=大手」「郊外部=中堅・中小」という〝棲み分け〟ができている。

» 続きを読む

敷金・礼金額の低下傾向、鮮明に

賃貸住宅市場では、空室率の増加を背景に、敷金や礼金など入居一時金の減額傾向が強まっている。

» 続きを読む

暴落して急騰!?首都圏マンション「今は買い」か

東日本大震災によって停滞していた首都圏のマンション市況だが、ゴールデンウィーク頃から回復基調にある。

» 続きを読む

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

無料プレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。